太陽光発電に投資して自宅に太陽光パネルを導入するメリット

必要な電力を自給できる

太陽光パネルを自宅に導入すると太陽光さえあれば自家発電が可能になります。基本的には電力会社から生活に必要な電力を購入して使う事になりますが、太陽光発電を導入する事で基本的に電力を購入する必要がなくなります。電力を購入する必要がなくなれば電気料金を支払う必要もなくなります。初期費用がかかるので導入後すぐに利益が出る訳ではありませんが、初期費用の回収後は利益が出る一方なので長期的に考えた時経済的な恩恵が得られます。

余った電力を売却できる

太陽光発電を導入する事で家庭で必要な電力を自給できるだけでなく、余った電力を売却する事もできます。家庭で使う電力の量や発電量によっては電力が余る事も珍しくないですが、電力を売却する事で無駄なく発電した電力を使えて経済的にも大きなメリットです。電力の買取は各電力会社によって価格が違ったり行っていなかったり買取を中断している電力会社もあるので太陽光発電を導入前に管轄の電力会社に問い合わせて確認しておくべきです。

補助金などで費用を補助してもらえる可能性がある

太陽光発電は環境に対してリスクが低い発電方法であるため国や行政からもエコなエネルギーとして注目されています。そのため自治体で太陽光発電の導入の際に補助金を出している自治体もあるので導入費用の補助を受けられる場合もあります。初期費用は太陽光発電を導入する時に大きな負担になるので補助が受けられれば負担が軽減されます。導入する時は自治体に補助制度があるか確認してある場合はその細かな条件も確認する良いです。

太陽光発電の価格は毎年経済産業省が決定しています。その買取価格は普段使用する電気料金より高めに設定されており平成28年度設置の住宅用では1kWh当たり31円となっています。