人材採用には面接だけでは不十分?!適性検査は重要なアイテム

面接だけではその人の本性はわからない

企業が人材の採用に際して筆記試験や面接といった方法を利用する以外に、最近では適性検査を活用する企業も多くあります。人事担当としては会社の雰囲気や風土にあった人材を見極めるためには実際に会ってお話をしてその人のことを感覚的に知ることも重要です。逆に実際に会ってみてその人のことが理解できると思われがちですが、それも表面的のことでしかないのです。そう言われるのも、人は目的を達成するために嘘をつけるという人もいるからなのです。

適性検査でその人がわかる

そういう人を判断するためには面接だけでは理解しにくいのです。そのために適性検査があります。SPIに代表される試験によって、その人の本来の姿を理解することができます。この適性試験の特徴は回答するために時間制限を設けていることです。そのために質問に対して考える時間がなく、ひとつひとつの質問に対して即座に回答する必要があるのです。猫をかぶろうとする人は質問に対して自分が良く見られるような回答を選択するように考えます。しかしこの試験はそのような時間も与えないのです。

適性検査が意図していること

しかも同じような内容の質問をいくつもちりばめられているのです。そのため主旨が同じ内容の質問に対して本来の自分のままで回答している人は同じ回答になります。しかし猫を被って回答している人の場合は、回答がばらばらになる傾向にあるためにそれがその人の本来の性格であるか、資質であるかがひと目でわかるようになっています。そのような意味から人材の採用試験において、ミスマッチを起こさないための手段のひとつに適性検査があります。

就職の際に課されることのある適性検査ですが、対策は可能です。市販の問題集をこなし、しっかり対策をしておきましょう。