その顧客はどれくらい売り上げに貢献してる?細かく管理して利益をアップ!

購入履歴を知って効率的に購買促進

企業が顧客に商品を販売するとき、売上としては購入代金があります。経費は仕入れだけかといえばそうではありません。営業担当者が動けば人件費がかかり、広告をすれば広告費がかかります。企業としては、できるだけ効率的に利益を稼ぐ必要があります。顧客LTVは、ある顧客に対してどれくらい利益が得られているかを示す指標で、できるだけ大きくしようと努力することになります。購入履歴を把握して効率的にDMなどを出せば、コストをかけずに購入してもらえる可能性があります。

平均購買単価をアップさせる

ビジネスを行う相手として顧客がいます。単発的に購入してくれる顧客もいれば、継続的に購入してくれることもあります。継続的に購入してくれる場合、毎回どれくらい購入してくれるかがあります。平均するとどれくらいになるかがわかります。顧客LTVを増加させようとするなら、平均購買単価を増加する方法を考えます。顧客がこれまで購入しているものを分析して、単価の高いものを利用してもらえないか、活用してもらえないかなどからアプローチをしていきます。

購買頻度を多くしてもらう

顧客が商品を購入してくれる時、1箇月に1度、1週間に1度などの購入頻度があります。毎回の単価が同じとすれば、購入頻度が増えればその分その顧客から多くのものを買ってもらえることになります。何のために顧客がそれを使っているのかを知れば、新たな提案ができて購買頻度を上げあられるかもしれません。他の商品を他社から購入している場合、それと同等品を買ってもらうことで頻度を上げられる場合があります。売上アップの提案をすれば、おのずと仕入れ頻度も増やしてもらえます。

顧客LTV最大化を日本語訳すると「顧客生涯価値」となります。顧客がその企業にどの位の期間関わるかです。例えて言うなら、化粧品などを長く使用するものを、どの位継続して購入し続けるかという事です。