社員をしっかりフォロー!教育で育成していく

マネジャーに対して行われる教育

組織の中には、組織員とそれを統括するマネジャーがいます。組織にもまれていれば自然にマネジャーのことを学ぶことが出来るわけではなく、統括方法を学ばなければいけません。そうしないと、統括力がばらばらになってしまうからです。定期的に行われる社員教育としては、マネジャー教育があります。これからマネジャーになる人に対して、マネジャーになる前に行われることもありますし、マネジャーになった人に対して、それ以降行うこともあります。

新入社員教育のフォローとして行う

会社に入社すると、新入社員教育が行われます。社会人として身に着けておかないといけないいろいろなことを学ぶことになります。これが終了するとそれぞれの部署に配属されます。配属された後はそれぞれの部署で仕事をしていきますが、人によってはうまく仕事ができない人もいます。そこで、新入社員のフォロー教育が定期的に行われることがあります。春に新入社員教育があれば、秋や冬に集まって行うことがあります。現在の状況などを確認しながら行われます。

社員資格を取得するための教育

仕事に使う資格には、公的なもの、民間組織が行うものなどがあります。これらはいろいろな会社で使うことが出来る資格です。それ以外に社内資格があります。これは、基本的にはその会社でしか使うことが出来ない資格になります。会社によって異なりますが、定期的に社員教育を行って、それらの資格取得のバックアップをすることがあります。一つの所に集めて行うこともありますが、最近はインターネットなどのネットワークを使って行うことが増えています。

社員教育がしっかりできていない会社は社員が育たないので仕事ができず、業績が良いとは言えないでしょう。