コスト削減効果が魅力!営業アウトソーシング利用メリットと良質な代行業者の選び方

営業アウトソーシングって何?

何らかの理由で営業力が足りないクライアントが、電話によるアポイント獲得や訪問営業、契約獲得などの一部もしくは全てを営業代行業者に任せることを営業アウトソーシングと言います。アウトソース先の業者が採用している報酬体系は、成果もしくは固定報酬、両者のハイブリッド型の3点です。成果報酬型は、文字通り成果が出たときにのみ負担が発生するためクライアント側にとって低リスクな反面、業者が積極的に営業活動をしてくれるとは限りません。固定報酬型は、成果が芳しくなくとも必ず負担が発生することが欠点ですが、費用が安い点が魅力です。ハイブリッド型は両者の良いところ取りをしていることが特徴です。このなかで最も報酬体系がマッチしている業者を選びましょう。

営業アウトソーシングを利用するメリット

営業のアウトソース先である営業代行業者の殆どは、すでに営業に関する一定水準以上のノウハウを持っています。ですから、彼らを利用することで自社で営業マンを育てるまでに必要となるコスト(求人や採用及び教育)をカットできるんですよ。人件費は、あらゆる業種において頭を悩ませる固定費です。ですが繁忙期にのみ営業代行を利用することで、人件費を変動費へと変質させられます。このように営業をアウトソーシングすることで、クライアントは経営体質を筋肉質なものにして競争率を高めることが可能です。

営業アウトソース先である代行業者の選び方

営業をアウトソースすることは非常に有意義ですが、それは代行業者が良質である場合に限ります。その業者が抱えている人員の質に問題はないか調べることは大切です。たとえば、担当の営業マンと多く話しあう場を持ち、その営業スキルを見極めることで全体の質もある程度把握できるでしょう。一口に営業代行業者と言っても得意分野は様々。どれだけ口コミの評判が良い業者であっても、得意分野のミスマッチが生じてしまっては、費用対効果は乏しいものになってしまいます。必ず業績を調べ、アウトソースしたい営業内容に特化した業者を選びましょう。

見込み客への接触までを行う営業代行サービスのことを、支援タイプと呼びます。接触後の契約に至る行動には関与しないことが特徴で、テレアポ代行が代表例です。