タクシーの初乗り料金値下げ、タクシーとの付き合い方は変わる?

初乗り運賃の範囲なら、3人寄ればバスより安い

2017年1月30日から、東京23区と三鷹市、武蔵野市のタクシー初乗り運賃が、それまでの700円から730円が、380円から410円に引き下げられました。逆に中長距離では値上げとなってしまうのですが、ちょっと乗る人には嬉しい値下げです。

しかも、東京都の場合、都バスをはじめ多くの路線バスの料金が210円程度なので、約1kmの初乗り料金の範囲なら3人集まれば、バスより安いことになります。前の席も使って4人で乗車すれば、およそ半額で行けることになります。あと約500mくらいならオーバーしても570円なので、まだ安いです。しかも、目的地まで乗りつけられるので、バス停から歩く必要もありません。家族で近場にちょっと出ようという時や、友達と駅で待ち合わせてイベント会場に向かうなどという時に、お得に便利に利用できます。

タクシーを便利に賢く使う

しかし、注意したいのは、バスと違って渋滞に巻き込まれたりすると料金が上がってしまうことです。渋滞がなくても、信号待ちが多いところなどでは、予想以上にメーターが上がってしまうこともあります。得をすることを前提とするなら、交通情報や道路の状態をチェックする必要がありそうです。

それでも410円という料金は、雨の日や荷物の多い時、これまで贅沢だと思ってタクシーを使うのを控えていた人達にとっても、つい使いたくなってしまう値段ですよね。たとえば、坂道の多いところなど、上り坂料金というものはないので、お年寄りなどにとって利用価値は高そうです。状況に応じて、賢く使いたいですね。

役員運転手とは、企業の役員などを希望の場所に安全に送迎することです。待っている間は車の清掃をしたりします。