意外と稼げる!?タクシー運転手の魅力とは?

タクシー運転手の勤務形態は?

タクシー運転手は定年が約65~75歳と高いので働いてる年齢層も高くなっています。なので、一般企業の定年後にタクシー運転手の仕事に就くことも多くなっています。さらに、タクシー運転手の仕事をする日数も1ヶ月あたり最大13日と決まっているので残りの日はお休みとなります。勤務時間は朝から翌日の早朝までと少しハードではありますが、連続で働かないで済む隔日での形態も存在しており、それが一番主流となっています。

気になるタクシー運転手の給料は?

平均の年収は約300万円となっています。他の仕事に比べて、働く日数が少ない割には多く稼ぐ事が出来るのが特徴的です。数多くいる運転手の中でも稼いでいる人は年収1000万円を超える場合もあります。しかし、月50万程度を稼ぐ人は全体の3%程度となっているので厚い壁ではあります。稼いでいる人はお客さんの行動を勉強している人がほとんどで、このようなデータを地道に取って工夫さえすれば誰でも稼ぐ事は用意です。

例えば、近くの会場のイベントが終わる時間辺りに車を停める、長距離の移動をするお客さんがよく居る会社、深夜バスの停車場所と到着時刻などなど・・・簡単なものばかりです。

気になるタクシー運転手の収入の仕組み

タクシー運転手の基本的な収入の仕組みは、低く設定された固定給+お客さんから得たお金の量で歩合制となっていて、運転手として稼げるほど給料も上がり、稼げないと固定給が低いので少ない収入になってしまいます。ですから、成果を上げた運転手ほど多く稼げる給与体系となっています。

運転手派遣は安全性にこだわっているのでトップクラスです。保育園や塾の送迎にも力を入れているので信頼性が増します。